×

CATEGORY

HOME»  森田製茶について

森田製茶について

大自然に囲まれた茶畑

京都府木津川市

森田製茶の茶畑は京都府木津川市にあります。木津川市は木津川に沿った平野部と、なだらかな丘陵、山地からなります。
気候的に寒暖差が激しく、木津川に近いことから霧が発生しやすい地域でもあり、この気候がお茶の栽培に適しているため、昔からお茶の栽培が盛んな地域となっております。

神童子(じんどうじ)地域は木津川市の北東部、山間部の中心にあり、美しい茶畑と豊かな自然が広がっております。
この大自然に囲まれた茶畑で、森田製茶は茶葉を栽培しております。

こだわりの栽培方法

抹茶本来の香りや味を生かす

◆日光の照射量コントロール

柔らかく、甘味・旨味が強い生葉を収穫するために、茶畑全体に黒のネットを覆いかぶせて強い日光の照射量をコントロールしております。
このひと手間により、茶葉の色が深い緑色になり、苦味が少なく旨味を多く含む茶葉が育ちます。

◆石臼挽き

抹茶は熱に弱く、熱によって抹茶の緑色が悪くなってしまいます。それを防ぐために、摘み取った茶葉は丹念に石臼で挽きます。
森田製茶は自社の石臼挽きの生産工場にて、ゆっくりと時間をかけて茶葉を挽き、コクのある抹茶を作りだしております。

◆長年の経験を生かした管理

生葉の収穫のタイミング、加工の際の温度管理や各工程の作業時間など、抹茶を作る上で重要なポイントになります。
それぞれ、その年の気候により変わりますので、長年の経験と知識で見極めております。

お茶離れに向き合う

抹茶のお菓子を通して

近年、お茶離れ、お茶の消費量の低迷が課題となっています。
そこで森田製茶は、多くの人に抹茶の味を知ってもらい、抹茶に興味を持ってもらえるようにと、抹茶のチョコレートを開発しました。

森田製茶の「神ちょこ」

一般的な抹茶のお菓子は本物のお茶の味がしません。
製菓用の抹茶は、粉末機で熱を加えて粉末状にするので、抹茶の風味が飛んでしまっているのです。
そこで森田製茶は、時間はかかるけれども、石臼で丁寧に挽いた抹茶を使用することによって、本物のお茶の味を味わえるチョコレートを作りました。

森田製茶の「神ちょこ」は、濃厚なお茶が後味として残り、茶葉のフレッシュさが広がります。
今まで食べたことのない、本物の抹茶のお菓子を是非ご賞味ください。

森田製茶の「神ちょこ」
森田製茶の「神ちょこ」

CONTENTS

CATEGORY

森田製茶 森田製茶

TEL 0774-86-2011
FAX 0774-86-5505